嫌・ameba宣言

サイバーエージェントもどうやらオワコンになってきたようで・・・

ケチが付いたときは・・・

ひょんなことでiPhoneをもらい受け、
浮かれていると下らないミスをしてケチがついてしまった。


現在、
simのないスマホ(これももらい受けた物)に、
OCNの格安simでデータのみを入れて使っていたところ、
ガラケーを紛失して、
仕方がないので音声通話付きのsimに変えて使っていた。


引っ越し前に使っていたプロバイダーがOCNで、
元々年初では引っ越す予定ではなかったので、
スマホと組み合わせの年割を申し込んだが、
急遽引っ越しとなり、
引っ越し先はもうZAQがいるので解約した。
解約金1万円弱。


それは置いといて、


そのiPhoneをくれた人が、
Ⅹに変えるということで、
本当なら業者が一万五千円で引き取ってくれるところを、
私のスマホがフリーズしやすくて連絡とりにくいことと、
色々なお礼と言うことで、
私に使っていたiPhoneをくれた。


が・・・
もらって帰った時からすでに色々とケチはついていたのだ。


一緒にもらったお土産のお菓子が、
開ける前から家族には不評だった。
満足げに食べていながら、なぜ他のが良かったとか言えるのだろうか・・・


更にそのiPhoneも、
思っていたsim解除のできるiPhoneでなく、
auのiPhone6の無印で、
OCNのsimでは対応不可だった。


家族からもスマホにつながりにくいと言われていたので、
格安simの業者変更には反対しなかった。


が、
「それ、今必要?」
と言われ更にケチが付いた。


私は一刻も早く使いたいという気持ちが勝ち、
auのiPhone6がsim解除なく使える業者を探して、
UQとマイネオを見つけた。


藤原紀香のUQと、
わろてんかのマイネオである。


一択でマイネオを選んだ。
理由は、
単純に藤原紀香が嫌いだからだ。


それで、
オンライン上でOCNの解約手続きをしようとしたが、
何度やってもうまくいかず電話で解約することにしたが、
土曜だったので月曜(今日)に回すことにした。


これも一つのケチである。


マイネオの方の手続きはオンライン上であっさり一回で片付いた。
このケチだらけの中で、
唯一良かったことと言うのは、
マイネオの対応だけである。


しかしその対応の良さが最後にケチになるのだが・・・


月曜が来て、
OCNの解約に移る。
電話をかけ解約を申し出ると、
違約金8千円がかかるとのこと。


オンラインで解約手続きを進んでいるときには、
一度もお目にしたことのないものがこの段になって出てきた。


音声simは半年縛りがあると。


7月に手続した私は、
12月まで使わないと駄目だと言うことだ。
だったら12月末で切ると言えば、
1月に解約しないと駄目だそうで、
日割りがないので結局1月一か月丸まる伸びると。


OCNにはすでに1万円弱違約金を払ってるが、
まだ私に違約金を払えと?


2か月伸ばせば月1700円弱の倍。
結局3500円はOCNに払えと。


仕方がないのでマイネオに電話をかけた。
マイネオは一週間ぐらいかかると書いてあったので、
まだ3日ならキャンセルできるかもと思ってだ。


しかし、
予想以上に手続きが早く、
もう完了してsim発送済みだった。


土曜の夜手続して、
月曜の10時には発送って、
あまりの早さに文句どころか感動した。


問題は妻の機嫌である。
当然ながら朝から罵倒された。


OCN解約の時には注意を払っていたつもりだったが、
特に音声sim解約時の注意に目がいかなかった。
違約金はプロバイダー解約時に払っていたので、
まさかsim手数料を払っているsimに縛りがあるとは思わなかった。


朝から非常に気分が悪い。
機嫌悪く反省をしていた。


考えた末、
この、ケチのついたiPhoneは欲しがった嫁の妹にマイネオごと渡すことにする。
妹の嫁がスマホ代を嫌がれば、
もらった人には悪いが売ってマイネオの事務手数料にしてマイネオを解約するか、
いずれにしてもiPhoneを諦めることにする。


3500円の金をミスったことで、
嫁から人生までも否定されたこと考えてみると、
このiPhoneが私に幸福をもたらすことはないと判断したのだ。
だったら、
今でも高値で売れて必要とする人間に渡した方がいい。


元よりアップルで言えば、
引っ越しに伴い職を探していた時、
AHAと言う在宅でのアドバイザーの求人を受け、
二時面接での面接官の十五分の遅刻から、
伝わってくる面接官からのやる気のなさからの不採用で、
アップル自身の私に対する必要性が元からなかったのだ。


誰が悪いのかという話になれば、
チェックをミスした私が全て悪いのだろう。


罵倒されて金を払って当たり前のことをしたというところだろうか。


しかし、
現状生を受けて自身の体で生きていく自分として考えれば、
全てのケチは俺がつけたものではないし、
iPhoneがなければ起こりもしなかったことだ。


そして最たる問題は今まで起こったことではない。


持って帰ってきただけでこれだけケチがついて、
今後このままケチが付き続けるのかどうかということだ。


簡単に言えば、
このiPhoneのせいでまた下らないことを呼び起こすぐらいなら、
人にやってしまう方がいいという判断にたどり着いた。


私と言う人間は、
アップルに関わらない方がいいのだろう。


人間には縁があり、
良縁悪縁が人生を左右するのであれば、
ケチはそれを知らせる様なものではないかと。


思い起こせば、
ケチが付いた状態で無理やり断行して、
良いことなど一つもない。


今使っているスマホのsimはOCNからマイネオに変える。
NTT系列ともケチが付きっぱなしだった。


初手でケチが付いたときは、
これからはすっぱりと諦めることが幸福への近道なのだろう。