嫌・ameba宣言

サイバーエージェントもどうやらオワコンになってきたようで・・・

ブログと言うコンテンツの立ち位置

久々の投稿になってすみません。


私がブログを立ち上げた切っ掛けの方のゴタゴタが収まったようで、
安心してブログを書くのをサボってました(笑)


そんな中、ムラゴンからのメール。


>[教えてください] 嫌・ameba宣言さまのお考えをぜひお聞かせください。ご質問やご意見、ご提案もお待ちしております。


皆さんにも来られたと思います。


サイトをHP(ホームページ)と誤認識され広まって以来、
個人発布のメディアは形を変えつつ現在も力を持っています。


最初はディスクスペースを与えられてHP。
その後日記サイトが広まりました。
その日記サイトを使いやすく書きやすくしたのがブログ。
そして、mixiで爆発的にヒットしたSNS。


そしてコミュ疲れにより全て崩壊。


結局無理なコミュニケーションを取らずに済む動画配信や、
つぶやくだけのツイッター、
写メ載せるだけのインスタが残っているだけで、
個人発信のメディアコンテンツは完全に衰退に向かっています。


国民全員が情報発信源の時代も終わったんですね。


みんな炎上が怖いから。


動画配信までスマホ一つで簡単にできるご時世で、
文字を打って文字を読んでもらうブログの存在意義は何でしょうか。


文字だと読みづらいから写メを並べる?
私はコレが本末転倒のブログだと思います。
まるでアメーバブログにあるようなブログが。


どうすればブログ社会がが復活するかと言えば、
私はもうそんな時代には戻らないと思っています。
無理に捻じ曲げてブログブログとこだわれば、


アメーバブログの芸能人ブログの様に、中身のない写メだけのブログとなってしまう。


本音を言えば、
有名人は小説家だけブログをやればいいとも思っています。
砕いて言うと、
文才があり文を並べることに楽しみを持っている人がやればいい。
営業で他人に書かせたものなど見るにも値しない。
それを有難がって一般人をないがしろにするような会社など、
サービス向上などありませんよ。


言葉には力があります。


もう一度、
ムラゴンから届いたメールを読み返してください。


業務メールでない、
心のこもったものだと感じ取ってもらえたら、
ブログの存在価値が何か、写メの要らない理由はなぜか、
分かってもらえると思います。


アメーバからの返信で一度もこのような心を感じたことは一度もありませんが。