嫌・ameba宣言

サイバーエージェントもどうやらオワコンになってきたようで・・・

仮想通貨とAIで日本は変わる①

仮想通貨と言うと、
私はどうしても円天を思い出して良いイメージはありませんでした。


通貨に変わる物で商品を買う。
ぐらいのイメージか持ってなかったんですね。


問題はその仮想通貨にあるのではなく、
運営方法に大きな差がありました。
そしてその問題点は、詐欺に使ったL&Gだけでなく、
日本にも大きく当てはまることで、
それを補った仮想通貨の考え方に大きく考え方を変えさせられました。


問題点は一つ。
紙幣を発行する所が権力を握っているということです。
権力を握っている所が紙幣を発行すると勘違いしますが、
後述しますがこの二つの差は天と地ほど大きな違いがあります。


さて、
日本の景気はなかなか回復しませんね。
景気は回復してきていると政府与党は胸を張って言ってますが、
この温度差はどこにあるのでしょう。


ひとえに国民全員の信頼です。
ぶっちゃけて言えば、


「どこに金がある?教えてくれ。」


という話です。
一体、本当にどこに金があるのでしょうか。


それは国も把握できていないから、
税をどこに重きを置いて、
どれぐらいの税をかければいいかもわかっていない。
結局取りやすい消費税だけ上げて終了という話になる。
税収の不平等が国民の政治不信の一番の原因です。


はっきり言ってしまえば、
普通に学校を卒業し、普通に企業に勤め、
普通に給料をもらうサラリーマンはパーフェクトに直接税を取られ、
職にも就かず昼間っからパチンコに行く人間が無収入を謳い税を取られない。


これがまかり通っている限りは誰も真面目に仕事して働こうなんて思いませんよ。


真面目に働いて年金収めても年金怪しい状況で、
遊び惚けていた人間が老後は生活保護を受けてまたパチンコ通いをする。


こんな冗談一刻も早く解決してほしいことです。
それが本来の政治の務めじゃないですか?


それを解決する方法は、
国が全てのお金を監視することしかありません。

かと言って誰が国民全ての財産と収入を監視するのか。


自分の財産を人に見られていい気持ちはしません。


だからAIが出てきます。
(つづく)