嫌・ameba宣言

サイバーエージェントもどうやらオワコンになってきたようで・・・

muragonへのご提案①:プロを集めて

一時期ブログは便利な説明書でした。


各自、
自分が持っている能力を書き合い、
ネットで調べものと言えば大抵ブログが検索されました。


やがて、
Wikipediaが使えるものになり、
youtubeが違法アップ動画よりもオリジナル動画が増えてきた頃から、
ブログはただの落書きへと変わり始めました。


ブログですから、
随筆として、そこはかとなく書きつくっても構わないのですが、
かく言う徒然草も教訓もあれば都の情勢も書いてあり、
その時代の指南書と言っても過言ではないように、
ブログもまた、
各個人が持っている情報を利用してもらう一つのツールになるのが一番だと思っています。


毛嫌いしているアメーバを反面教師として言わせてもらえば、
何に重きを置いているかでそのブログ運営サイトの質が見えてくると思います。


はっきり言って、
アメーバは芸能人にしか興味がありません。
一般人に対しての対応など、ムラゴンのとは比べ物になりません。


対応を求めても基本スルー。
しつこく求めれば、
嫌々ながらマニュアルをコピペしたようなメールが送り返されてくる。


これでは一般人は残りませんよ。


確かに芸能人がブログを書けば、
人が集まり広告費も取りやすい。
しかし、それだけではブログと言う存在に何の意味も持たなくはなりませんか?


現に、
文章ならツイッター、写メならインスタグラムに奪われています。
何もわざわざ面倒くさいブログを使う必要もない。


それでは何のためにブログ運営サイトをやっているのかはっきり言ってわかりません。
お客が要らないのなら全部追い出せばいいんですよ。
現実そうとも採れるような対応されましたし。


muragonにだけは絶対なってもらいたくない反面教師です。


しかし、
何か目玉になるようなことでもない限り人が増えないのも現実。
だから、
プロを集めてもらいたいんです。


芸能人でなく、その道のプロを。


プロなら職種を問いません。
むしろ多種多様に集まった方がいい。


もう一度ブログが情報発信元で、
検索すればここが出てくるような時代に戻ることを願います。